他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスク

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。トータルで30万円から40万円と考えてください。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。
忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。
でも、気にしなくて良いです。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療はかなりの費用を要することは確かです。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてください。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、当然ながらデメリットもあります。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。
そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ