一口にインプラント治療といっても、大きな3つ

一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というのが大まかなプロセスです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないということにはなりません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してください。
歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ現状では確実な説はありません。
治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ