インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。

インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。逆に下限は骨の成長が止まる20歳前後から受けることができます。
70歳以上の高齢者もインプラント手術を受けた方はいらっしゃいます。ただ、年齢的には問題はなくても健康状態によっては諦めざるを得ない場合もあります。
意外に思われるかもしれませんが、つい最近まで大学ではインプラントを教えていませんでした。情熱的な歯医者さんたちは世界的なインプラントメーカーが主催するセミナーに参加したり、有力なインプラント学会に所属するなどして、知識や技術を身につけてきました。今は大学でもしっかり学べるので、今後は今よりも優秀な歯科医が増えそうです。
入れ歯をやめてインプラントにしたくても、怖くてどうしても無理、という方もいるかもいしれません。
必要以上に恐怖心を持っているとどうしても手術全般にわたって無駄に大きい反応をしてしまい、危険なシチュエーションを自らの手で作り出してしまいます。
実はそんな方に朗報です。
恐怖心を取り除くことのできる麻酔があります。高血圧・糖尿病・心臓疾患・呼吸器疾患などをお持ちの方は、インプラント手術ができない可能性があります。
もしもインプラントを希望されるのなら、担当医とよく相談してから決めるべきです。
妊婦の方でインプラントを希望しているなら、出産後一段落してからにしましょう。
入れ歯からインプラントに替えたくて歯科医を訪ねたにもかかわらず、「あなたにはインプラントはできません」と言われたらどう思いますか。
実はきちんと断ってくれた方があなた自身のためにもなっているんです。悲惨なのは、症状と自分の技術でカバーできる範囲が釣り合っていないことが判断できない歯医者さんです。
インプラント治療とは、なくした歯を取り戻すことにあります。
歯科医院はコンビニエンスストアよりも多いですが、インプラントのできる歯科医院は全体の約2割程度のものです。その限られた中から本当に信頼できる歯医者さんを見つけることが重要です。
インプラントの耐久力が気になりますが、単刀直入に言うと断言できる人はどこにもいません。
インプラントはとても新しい治療法なので、証明できるほどのデータが得られていないのです。
インプラント希望者の多くが高齢者であることもありますが、インプラントは死ぬまで機能を果たしているようです。
研究者によれば、インプラントの寿命は40年とも50年とも言われています。
インプラント治療を受ける際に気がかりなのが一体どれほどの痛みに耐えなければいけないのかということです。
チタン製のボルト状のものを歯茎に埋め込むわけですから、想像を絶する痛みをイメージしがちです。
でも実のところ、麻酔をしないわけがありませんので、せいぜい抜歯と同程度位の痛みしかありません。
親知らずを抜歯するぐらいの痛みしかないんです。インプラントのできる歯科医院は全体の約2割程度しかありませんが、その中から全幅の信頼を寄せられる歯医者さんをひとりで探し出すのは非常に困難かもしれません。もしあなたが切にインプラント手術を希望するなら、今すぐからでも情報を集めることから始めるべきです。
インプラントの名医と呼ばれる歯科医は、他の歯科医院では断られるような難しい症例でも対応できる歯科医、と言いるかもしれません。
代表的な難症例に『充分な骨がない』という症状があります。最近ではいくつもの骨造成という高度な手法が広まっているので、インプラントを埋め込む場所に骨を創ってそこにインプラントを埋入します。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ