がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。
インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。
確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。
この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探して、問い合わせてみましょう。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。
不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ