高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラン

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。
それは違います。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。
安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。
最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。最大のデメリットは費用が高額になることです。難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ