インプラントは歯根部がチタン

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。全てのインプラント患者にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、相場はあると言えます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。
治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。
インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ