差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。差し歯は文

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。注意してください。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。
インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。
これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。
ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ